2019年10月17日木曜日

10/18(金)の開館時間のご案内



10/18(金)16時開館です。
お問い合わせ・受付も
6受付いたします。









2019年10月15日火曜日

備えれば憂いなし


 皆さんお久しぶりです(^-^)

朝と夜の温度差が激しいですね、毎日服装に悩んでますAAの広田です!

 

さて今回のテーマは〝備えあれば憂い無し″ということで、受験本番に備えて

やっておいた方がいいことを書いていきますね!

 

まずは、筆記用具をそろえましょう!

大学で試験を受ける場合は、机が少し斜めになっていることが多いです。

丸いシャーペンや消しゴムを持っていくと転がって大変ですよ((+_+))

それから、マーク形式の入試では濃いめの鉛筆を使いましょう。

細いシャーペンだとなかなか塗りつぶせないので要注意!

 

 

続いては、受験会場への道順確認です!

オープンキャンパスなどで一度行ったことがある大学なら安心ですが、

一度も行ったことのない場所は要注意!しっかり調べてくださいね~

電車に乗り遅れて遅刻…となっても試験はどんどん進んじゃいますよ(-_-;)

また、大学が遠いので地方試験を選ぼうかなって人も注意が必要です!

地方会場試験は大きなビルやホテルなどで行われることがあります。

ビルは特徴がないのでとても見つけにくいですよ、迷うことも考えて時間には余裕を!

 

 

最後は私が持っていけばよかったなと後悔した、あると便利な者たちです。

まずはひざ掛け!

試験会場は基本的に暖房がついていますが、それでも窓側は寒いです(-“-)

いざという時に一枚あるといいでしょう。

試験会場の椅子は固いものが多いので、長時間座るとお尻が痛くなってしまいます。

そんな時にひざ掛けをたたんで座布団代わりにするのもいいかもしれませんね(笑)

それから、小腹が空いたときようにお菓子をもっていくといいのでは!

いっぱい頭を使うので、糖分チャージにチョコレートとかあるとほっとしますね。

 

皆さんにお伝えしておきたいことは書ききった!はずです!

試験当日焦らないよう、今からしっかりじゅんびをしてくださいね(*^^*)

 

2019年10月8日火曜日

過去問を活用しよう!


こんにちは!AAの宮田です!

今回のテーマは過去問の効果的な活用法についてです!

高校三年生の皆さんはそろそろ大学別講座などで志望校やセンター試験の過去問に取り組み始めていると思います。

過去問は志望校合格のためには必須アイテムですが、

その使い方次第で効果は大きく変わっていきます。

今回はそんな過去問の使い方について書いていきたいと思います。

 

まずは過去問を解く時期です!

いつ解くかによって過去問を解くことの意味は変わります。

僕の場合、夏は一年度分だけおためしで、秋は形式と傾向をつかみ、直前期には解答時間も考えて、という感じで使っていました。

早めに過去問に入っておくか、それとも秋ごろから解くか、

それぞれのペースに沿ってやっていくのがいいと思いますが、

いざ直前に過去問を見てみると思っていた難易度と全然違っていてびっくり!となったり、

逆に早めに解きつくしちゃって直前やることが無くなったりしたら大変なので、

消費ペースを考えて解くのが大事です。

僕も解くのが面白くて秋に八年度分ぐらい解いてしまい、

直前ごろには「何をすればいいんだろう……」となってしまった科目がありました。

(結局直前はもっと年をさかのぼって解いていました。傾向が変わっているので意味があったのかは分かりませんが)

 

そして大事なのは解いた後です!

模試で解いた後の復習が大事になるように、

過去問も解いた後の復習といわゆる「研究」が大事になっていきます。

解きっぱなしで終えるのはよくないです。

自分の回答を模範解答や解説と比較して、

どうすれば模範解答に近づけるか、何が今の自分に足りないかを把握して普段の学習に反映させていくのがいい使い方です。

「研究」とは少々あいまいな言い方になりますが、

個々の問題の傾向や対策を知って、

「何点ぐらい取れれば志望校に合格できるか」を合格最低点や平均点から考えて戦略を立てていくということだと僕は考えています。

いざ志望校の過去問を解いてみて「難しいな…」と感じているところだと思いますが、

傾向と対策を市販の過去問題集やマナビスの大学別講座でつかんで過去問を活かしていってくださいね!

2019年10月1日火曜日

レッツゴー大学祭


みなさんこんにちは、アシスタントアドバイザーの松本です。

突然ですが

みなさん、大学祭って行ったことありますか?

おそらく大学のオープンキャンパスに行った人は多いかもしれません。

オープンキャンパスに行った大学にはぜひ大学祭にも行ってほしいと思います。

そこでは大学生の活気や熱気などを感じられて、「その大学に行きたい!」とより強く思えるはずです!

 

そこで、今回は僕の大学である大阪市立大学の大学祭について紹介します。

また、僕は大学祭の実行委員会でもあるので大学祭の裏側も話そうかなと思います。

 

ここで大学祭の様子をちらっとお見せします。



 

これは人気企画のひとつのビンゴ大会です。

無料だれでも参加できてかなり豪華な景品も当たります。

このときはディズニーペアチケットなどが当たりました!

 

ここでちょっと裏話…

この写真に写っているステージ、実は僕たちが組み立てています!

高校の時の文化祭よりも本格的で大変です。

その分やりがいも大きいので興味を持った人はぜひ僕たちと一緒に大学祭を作りましょう!

宣伝になりましたね()

 

他にも多くの模擬店が並び、美味しそうな食べ物が売られています。

また、大学祭では様々なサークルが催し物をしているので、見てみるのもいいかもしれません。

いかがでしたでしょうか。

今回紹介したのは大学祭のほんの一部です。

他にも芸人のお笑いライブやバンドの音楽ライブなど、ここでは語りつくせないほど盛りだくさんです。
続きはぜひみなさんの目で確かめていただけたらと思いま